Brand Story

A BIT OF HISTORY

イギリスで一杯のティーに人生を救われたことがキッカケで、ティー専門スタイリストになった日本人女性が、インドやスリランカの茶園まで行って来たのに、理想を求めて辿り着いたのは、日本の上質なオーガニック茶農園でした。

創立までのストーリー

転機#1 人生を変えるティーブレイクとの出会い

2011年イギリスで暮らしていた頃、私は毎日努力を惜しまず勉強をしていたのに、自分に自信が持てず、いつも不安を感じていました。訳もなくよくひどい気分になり、苦しくてつらくなっていました。
そんな時、土地柄もあり自然に生活によりそい始めた紅茶の存在によって私の人生は救われたのです。飲むとなぜか心が落ち着き、元気と活力が湧いてきました。

以前は「何をしても頑張ってもまだダメだ。自信を持ちたい。自分を変えたい。」と思っていました。しかし「自分を少しでも褒めてあげよう」こんな気持ちが、お茶を飲むことで体の内側から湧き上がってきたのでした。忙しくしている時もティーを飲めば「ふぅ~」と自分を見つめ直せました。

どうして?と疑問を抱き勉強をし始めると、それらを裏付けるような”成分”がお茶には含まれていたのです。だから「1杯のティーで人生が変わる」を信じ、お茶の新しい価値の創造をし、 あらゆる人生の岐路に立つ人々のお役に立ちたいと活動を始めました。

転機#2 アレルギー肌にも感謝

帰国後、忙しく働く日々の中で飲食生活は荒れ、アレルギー肌を発症しました。炎症はひどく外出も控えるほどでした。

そこから食べ物、飲み物、肌につける化粧品や衣類、運動を取り入れるなど生活習慣の見直しを行いました。意識した事もなかった、オーガニックや無添加商品との出会いでもありました。そのお陰で年々肌は回復していくばかりか、気分も向上するなど様々な恩恵を受けました。

病気や事故でもよく言われますが、”悪い事態が起こってみないと分からない、気をつけようと思えない”のが普通だと思います。だからこそ起こったこと全てに意味があるのだと感じました。「自分を大切にすること」の意味を学び、皆さんにも同じだと思いました。

転機#3 たどり着いた素晴らしい茶園

自分でも飲みたい。大切な人にも飲ませたい。そう思えるこだわったお茶を現地に直接出向いて探すため、紅茶の生産上位国であるインドやスリランカの有機茶園を訪れました。日本に住んでいると考えられないほどのひどい大気汚染や口に入れることも危ない水、激しい貧富の差を目の当たりにしました。その中でも正しいと思う事をしようと選択をした人たちに出会えたのは、私の宝物です。

インドと日本

実際に茶園で働く人々と触れ合い、たくさん話すことで有機栽培をする意義や、正統な対価を支払う大切さを感じ、学ぶことができました。いつか彼らの作るお茶も皆さんにご紹介しようと心に決めました。

同年、日本の九州で偶然に訪れたオーガニック茶園がありました。こんなにやさしいティーを飲んだのは初めてというくらい大きな衝撃でした。以前農薬を使用していた生産者さんのご両親が、体調を崩された事がキッカケとなり、数十年前に試行錯誤の無農薬栽培を始められたとのことでした。肥料さえクレーンで自社調合するというこだわり、収穫した茶葉をすぐそばの自社工場で加工するという一貫性、生産者さんの誠実な想い。感動しました。自分にかえる・自分を認めてあげられるような、ささやかな時間を提供できるお茶だと感じ、断られたこともありましたが、ようやく許可を頂きました。

国内では約2%の茶農園がオーガニックで栽培を行っています。私自身もその小さな数字にとても驚かされましたが、日本の害虫が発生しやすい気候やコストのかかり方では、どこか納得のいく数字でもあります。しかし自然に、動物に、昆虫に、生産者に、飲む人にとってやさしいお茶作りを増やしていくには、お客様の理解を広げてまず選んで頂くことが大切だと思います。

このやさしさの輪を日本のティーブランドとして日本中、そして世界中のたくさんの人たちに届けようと決意し、今に至ります。

tea-3-image

毎日「自分を大切にする」「自分を高める」「自分にかえる」ティーブレイクをどうぞ。

山がまるごとオーガニックの環境で育ちました。

約2%の希少な国産茶葉。

日本ではたった2%ちょっとの茶農園だけがオーガニック栽培を行っています。この貴重なお茶をお届けすることで、皆様により健康的で豊かな人生を送って頂けると信じています。